遠方への贈り物、お見舞い等に長期間保存可能なプリザーブドフラワー

大切な人に贈りたい プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーを長持ちさせるコツ

薔薇

プリザーブドフラワーは、生花とは違って長い期間その美しさを堪能することができる商品です。しかし、取り扱い方を間違えてしまうと、いくらプリザーブドフラワーと言えども短期間でその魅力を失ってしまう場合があります。長い間、その美しい花を鑑賞するためにも、正しい取り扱い方法を覚えておきましょう。普通の花などは日光に当てることで光合成を促し、花の成長を助けることがあります。しかし、プリザーブドフラワーにとって日光は品質を損なう恐れのあるものです。
直射日光などに当ててしまうと、色あせてしまったりする原因にもなるので、置く場所には気をつけましょう。その反面、太陽光などによって自然と色落ちしたりしていく様は時間の流れを感じさせる美しさがあります。プリザーブドフラワーを長く愛用する上で、生まれる色あせは劣化ではなく、時の移ろいを感じさせる新たな美しさそのものです。
アンティークさを感じるその風合いを楽しむためにも、直射日光でその美しさを劣化させてしまわぬよう注意が必要です。また、生花とは違い、水をあげる必要性もありません。水に触れることで劣化を早めてしまう恐れがあるので、洗面所など水が飛びやすい場所に置かないように気をつけましょう。置く場所をよく考え、せっかくのプリザーブドフラワーの美しさを損なわないようにしたいものですね。

2016年11月07日
プリザーブドフラワーはお花の良いとこどり!を更新しました。
2016年11月07日
プリザーブドフラワーを長く楽しむ方法についてを更新しました。
2016年11月07日
お見舞いに人気があるプリザーブドフラワーを更新しました。
2016年11月07日
プリザーブドフラワーを長持ちさせるコツを更新しました。
TOP